OKISENKAKU GUIDE

OKISENKAKU GUIDE

MENU

実践ポイント 学校見学会、体験入学へ行こう!

“学校決定までのステップ”

学校選びで押さえておきたいポイントを理解したら、
次のステップは、より詳細な資料の請求や、
オープンスクール(学校見学会・体験入学)への参加です。

資料を請求してみよう!

まずは資料請求してみましょう!電話、FAXまたは
ホームページの資料請求ページからお取り寄せができます。

 興味のある学校への資料請求は電話(FAX)で直接請求するか、ホームページのある学校の場合は、そのサイトの資料請求ページからE メールでの請求ができます。資料が届いたら、時間割、教育方針、講師陣、施設・設備など詳細をしっかりチェック。オープンスクールは、学校の雰囲気や施設などが直接確認・体験できるので、とても重要です。

進学のポイント

自分で考える、決める専門学校

志望校は、体験入学や学校説明会に参加して自分の目で見て決めましょう。
以下の項目をチェックすることが大切です。

  • □ 施設設備はパンフレットどおりか
  • □ 募集定員に対する実際の生徒数は
  • □ 実習機器の台数、利用のされ方は
  • □ 在校生の様子や授業の進め方は
  • □ 学校の雰囲気は自分に合うか
  • □ まわりの環境、バス停・駅・交通の便は
  • 自分の興味・適性を考える
  • 興味の分野、めざす職種が見えてくる
  • そのためにはどんな資格が必要か、何を学べばいいか
  • めざす専門学校

専門学校を選ぼう!

1 最初に考えよう その職業への適正・将来性をじっくり考える

自分はどんな職業に就きたいのか考えよう

2 春期進学相談会に参加しよう! 類似名学科との区別、学校を先に選ばない

どんな学科で学ぶのか学校案内を確認しよう

3 早めに調べよう! その職業への適正・将来性、認可校か無認可校か

希望学科の設置校を調べよう!

4 勇気を出して問合せをしてみよう! この時点で5~6校に絞る

学校のパンフレットを取り寄せる

5 夏期進学相談会に参加しよう! 学校の雰囲気やパンフレットの説明通りか

見学会や体験入学に参加しよう

6 受験校決定! よく問い合せよう!!

受験の準備開始!!受験手続きは早めに

併願制度とは

推薦入試では少ないのですが、一般入試で、「併願制度」を導入している学校が増えています。それは併願届出の提出など所定の手続きを取ることで、選考に合格した場合、届けに記載された大学や短大の合否が発表されるまで、入学を確保できる方法です。細かい点で条件をつけている学校もあるので、各校の募集要項をよく読む必要があります。

仮入学制度の学校
願書提出の時、併願届けを提出、専門学校に合格すると入学金だけ納入します。
学費全額を延納するケース
大学・短大の合格発表日まで入学金を含めた全額を延納します。
入学金以外の学費を返還するケース
願書提出のとき併願書を提出。専門学校に合格したとき、入学金や授業料など全学費を納入しますが、大学・短大の合格証の写しを提出すると、すでに納入した学費から入学金を除いた分を返還してもらえます。

▲ページトップへ